じゃあ逆に主要ではないデッキを紹介したい【ウォーブレ】

どうもこんにちは、エレクトリックチキンサービスと全くマッチングしないHALでございます。

 

WAR OF BRAINS 二弾も発表され、環境も末期となってきたように感じます。

以前こんな記事を書かせていただきました。

【ウォーブレ】初期環境の主要デッキ紹介

ありがたいことにこの記事なかなか皆さんに読んでもらえているようで未だにアクセスの半分はこの記事にきているようです。

 

初期環境の〜と唄っているので環境後期の記事も書こうかな〜とぼんやり思っておりましたが、「シャドバの新弾をプレイしていた」「COJPをプレイしていた」「ジャオロンが弾けない」と一ヶ月弱ほどウォーブレをお休みしておりましたので、そんな記事を書く資格は持ち合わせておりません。

 

執筆時現在RP4位のカエさんのブログに環境デッキが紹介されておりますので、そちらを参考にしてください。

ただながし雑記 1弾 各国主要デッキ てきとーにまとめ

 

 

前置きに400字も使ってしまいました。

ミッドレンジタオシンでミッションをこなした後は、こんなマイナーデッキで戦ってみてはいかがでしょうか。

 

1、山の占い術

f:id:golgari713:20170128183348p:plain

 

上記の記事でちょこっとだけ触れた「山の占い術」のコンセプトデッキです。

ブーストカードで序盤のテンポを取りつつ、毎度おなじみタンゲのフィニッシュに持ち込むのが基本の流れです。

あえてアルト=オルトスナイプの二枚は抜いています。

ニャンポコなんていう癖のすごいカードを抜いて、その辺を入れてご自由にご調整ください。

山の占い術は当たったらラッキーぐらいのお気持ちで

 

 

2、ポルノ超特急

f:id:golgari713:20170128184519p:plain

 

ポルノ超特急というのはロックバンドROTTENGRAFFTYの自主企画フェスでして、

ライブの転換の間お笑い芸人がネタをするというジャンルの垣根を超えたイベントです

ドラゴンだけじゃないよ!みんなでぶち殺そう!

とジャンル(種族)の垣根を越えることをコンセプトに

病気(ウイルス)持ち、自傷癖(出た時四点)、コミュ障(守護持ちと対話できない)、その他様々な種族の方々にお集まりいただきました。

いじくるとしたらトラップの枠でしょうか、

「拘束<網状鉄鎖>」以外は環境に合わせてご自由にどうぞ

 

3、ドラゴンスレイヤー

f:id:golgari713:20170128185829p:plain

 

ウォーブレ抗争で妻子を殺されたサラリマン、ヴァイパー。

彼自身も死の淵にあったそのとき、謎のドラゴンソウルが憑依。

一命をとりとめたヴァイパーは「ドラゴンスレイヤー」−−ドラゴンを狩る者となり、復讐の戦いに身を投じる……

 

タオシンに轢き殺され続けた結果できたこのデッキ。

プレイングが結構シビアに要求されますがちゃんとタオシンに勝てます。

重要なのは「リリーフ」をいかに引き込めるか、

しっかり盤面を維持して、テンホウの分得をしているはずのライフレースを有利に進めましょう。

終盤手札に来たリリーフはムームのバブルトラップと一緒に、「移動式砲台 G-DOC」の弾にしましょう。

相手にはガウ→オバヒ軽減ガウで一気に盤面差を6枚つける必殺技がありますので、シヴァを出し惜しみせず、5、6ターン目には全ツッパしていくのもプレイングのコツです。

 

 

最後に

ラッキー 壱天衆 ヨウユウキ

 

天才

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。