【ウォーブレ】ハンド圧迫で完全勝利?!MAGNAウイルステンポ解説

 

こんちは!HALです!

今日は先日ニコ生で使用したMAGNAのウイルステンポデッキを紹介しようと思います!

 

デッキレシピ

ユニット

<毒銃士 ウェスタン> 3枚

<臨床医 サリ> 3枚

<捕食抗体 ガブロン> 2枚

<赤頭巾 マヤ> 2枚

<傀儡医 マイロ> 3枚

<時の解明者 ガートルード> 3枚

<ラッキー> 3枚

<終戦のオルディア> 1枚

<均衡の指導者> 3枚

<壱天衆 ユウヨウキ> 3枚

<機械槌のウルゴ・バシュー> 3枚

<堕天使 ジェノア> 2枚

スペル

<スウィート・メス> 3枚

<エクストリーム・インボイス> 3枚

<ショック> 3枚

 

コンセプト

以前より似たようなデッキタイプはMAGNAウイルスアグロとして存在していましたが、勝ち筋の細さゆえこのタイプのデッキを握るプレイヤーは減少していました。

しかしプロモパックVol3にて追加された<機械槌のウルゴ・バシュー>により、弱点であった打点不足、盤面維持力共に解決されたんじゃないかと思い、デッキを作成してみました。

 

プレイガイド

序盤

まずは先手を取りましょう!

ウイルスの性質上、先手を取れるか取れないかでだいぶ勝率の変わるデッキだと思っています。

マリガンでは序盤の展開を意識し、1コスト2コストのユニットを中心にキープしましょう。

しかし、<臨床医 サリ>は除去として見たいのでマリガンで返してしまって結構です。

動画の1本目みたいな、常に相手を後手に回らせながら手札を圧迫していけるのが理想的です。

 

中盤〜終盤

中盤重要となるのは<均衡の指導者>や<機械槌のウルゴ・バシュー>の使い方です。

相手の国の除去に合わせてトレード、フェイスを有利に行なっていきましょう。

気をつけたいカードは<天を貫く王龍><ジャッジメント・ゼロ><ブラッディ・スクリーム>などの全体除去です。

特に<天を貫く王龍>はこちらが全滅する上、<ショック>したくないので、TAOSINを相手にする際は、<スウィート・メス>+<臨床医 サリ>のコンボをなるべく温存しておきましょう。

 

細かいテク

・<機械槌のウルゴ・バシュー>は本来タフネスが4あるため、ソウルバーストと相性が良い。回復後<臨床医 サリ>でスタッツをひっくり返して4点も出せます。

・<ショック>は自分のユニットにも打つことができるので、これまた<機械槌のウルゴ・バシュー>を使いまわしてみたりすることができます。

 

 

 

 

明日2月26日の21時半ごろよりまたニコ生配信する予定なのでよかったらぜひ見に来てください!

次回はSHEDOのコントロールを回す予定です!

 

それではこの辺で〜

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。